かくれ里

日曜日, 7月 08, 2018

豪雨



在所の雨は今朝になって小康状態になった。それにしてもよく降り続いたものだ。テレビ・ラジオの報道では、西日本の降雨が特に多く、例年の7月の降雨量の数倍が降ったようで、刻々と変わる各地の被害状況を伝えていた。
 
 ニュースの中で子供の頃住んでいた地名が出ていたので注目して聞いていた。僕が昭和20年から27年まで住んでいた場所は、現在呉市に編入されているが当時は広島県安芸郡だった。今回何度も名前の出てくる安芸郡坂町小屋浦はごく近くだ。
 
 すでに70年以上たっているので様子は変わっていると思うが懐かしくなった。当時の頃のことが思い出される。小学生の6年間は近くの学校に通った。これまでには、30数年前に広島方面へ自動車旅行した折に付近を通っただけだ。
 
 インターネットで最近の状況を検索してみた。夏になると泳いだり魚釣りした海岸は埋め立てられ、かなり変貌しているようだ。命のあるうちに機会を作って一度訪ねてみたいような気持になった。広島での幼なじみで、近所に住まいするN君とも一度話し合ってみよう。