かくれ里

日曜日, 8月 20, 2017

菅原道真


  全国各地にある天満宮に天神様として祀られているご神体が菅原道真で、学問の神様であることは良く知られている。それでは菅原道真とは一体どんな人物で、どうして神様として祀られるようになったのかはよく知らなかった。
 
「日本の歴史」全集を読んで理解できた。9世紀終のわり頃、宇多上皇の御世、道真は忠臣として重用され醍醐朝では右大臣にまで昇進した。だが藤原氏等によって太宰府に左遷され現地で没した。
 
道真の死後、転変地異が多発したことから、朝廷に祟りをなしたとされ、信仰の対象になったとする.千年以上たった現在でも学問の神として親しまれているのはすごいことだ。
 
道真が京の都を去る時に詠んだ「東風(こち)吹かば 匂ひをこせよ 梅の花 あるじなしとて 春な忘れそ」は有名。京の都から一晩にして道真の住む屋敷の庭まで飛んできたという「飛梅伝説」もよく知られている。

土曜日, 8月 19, 2017

摂関政治


50数年前に買った「日本の歴史」全集を再び読んでいる。時代は866年の応天門の変の後、実権を把握した藤原良房の死後、養子の基経が摂政に就任し、884年に光孝天皇が即位した際には、事実上の関白に就任した。
 
摂関政治と言えば藤原道長が良く知られているが、摂関政治を作り上げたのは、道長が政治界に君臨するまでに活躍した多くの藤原家の人々である。
 
道長は、西暦1000年前後の日本の実質的な最高権力者として君臨した。しかし、摂政・関白という地位にはわずか1年ほどしか就いていない。やがて白川法皇が権力を把握し摂関政治は終焉を迎えたが、摂関家という概念が残った。
 
江戸時代には幕府の支援で摂関家の勢力が再興され、摂関家当主による意思決定が義務付けられ、朝廷の最高意思決定機関となった。幕府としては皇室と摂関家を分断することによって朝廷統制に利用してきた。明治になって摂政・関白は廃止され、摂関政治は完全に消滅することになった。

金曜日, 8月 18, 2017

難民と日本


世界中には6500万以上の人たちが戦争や迫害によって家を追われた難民がいる。実に日本の人口の半数余りに匹敵する。この難民問題について日本も考える必要があるのではないだろうか。
 
これらの難民は、主に中東・アフリカの人たちだが、シリアでは550万人が国外に逃れている。国内の避難民を含めると国民の3分の2以上になるそうだ。シリアに次いで多いのがアフガニスタンの250万人。次いで南スーダンの140万人となっている。
 
こうした難民を受け入れる側も大変だ。難民の多くは途上国にとどまっている。去年末現在でトルコに300万人。レバノンに100万人。ヨルダンにも70万人以上が暮らしている。これらの国々にとっては、経済的にも社会的にも大きな負担である。
 
日本は、海外の難民支援には力を入れているが、難民の受け入れには消極的だ。最近になって民間レベルでの支援活動が活発化し出しているようだが実際に難民を受け入れるのは簡単ではなさそうだ。最も、朝鮮半島が混乱した場合は事情が変わって来るだろう。

水曜日, 8月 16, 2017

消費の二極化


日本の国内総生産GDPはここ1年余りプラス成長が続いている。安倍政権が進めるアベノニミクスでは、財政や金融政策を通じて企業業績を上向かせ、賃金を上昇させて消費を活発にし、物価を上昇させて企業の業績アップを狙っている。
 
しかし、実際には賃金は緩やかに上昇しているにもかかわらず消費の回復は思わしくない。この背景にはこれまで長いデフレが続いてきたため将来に対しての不安が根強く残っていることがあるのだろう。
 
統計によると株価の上昇を受けて高額所得者の消費が拡大したことと、新車や家電などの販売が好調だった半面、子育て世帯や高齢者の消費は回復していない。いわゆる消費の二極化が進んでいるのではないかと指摘されている。
 
すべての人が、景気回復の実感を感じられる政策を打ち出し、消費の力強さを取り戻す必要があると言われている。しかし、僕個人の考えでは、消費者物価は安いに越したことはないと思っている。二極化があってよいのではなかろうか

火曜日, 8月 15, 2017

龍神温泉までドライブ



  昨日は午前9時ごろから高野山の両親の墓参りに行ってきた。さすがに真夏日の続く下界と比べ、気温は10度近く低い。天気も良いので竜神方面へドライブすることになった。龍神神温泉へは家族や友人たちと何度か行っている。
 
奥の院の駐車場から高野龍神スカイラインを南に向けて走る。カーエアコンを付けなくても爽やかな風が心地よい。途中の護摩壇山の駐車場で少し遅めの昼食を食べる。
 
  14時ごろに、道の駅 龍神に到着する。ここは自然の木材をふんだんに使った建物が売りで、木族館と命名しており、以前来たときは道の駅ではなかった。しばし休憩の後にここでUターンして、片道50kmほどの同じ道を高野山方面に向けて発信する。
 
奥の院の駐車場で最後のトイレ休憩を済まし帰路につく。途中渋滞の場所などもあって、予定より1時間ほど余分にかかって19時頃に帰着した。今日は久しぶりの長距離ドライブとなった。走行距離計は250キロほどを示していた。

日曜日, 8月 13, 2017

墓参



今日は家族で先祖の墓参りに行ってきた。お盆の日曜日とあって2ヵ所の墓所はどちらも大勢の家族がお参りに来られていて、普段ご無沙汰している親戚の人にもお会いできた。
 
僕が墓参の折には高野槙を持参するのだが、今日はすでに立派な色花が献花されていた。我が家の先祖と家内の先祖の墓を一巡して清々し気持ちになって帰ってきた。
 
墓地の近くに名前の知らないこんな植物があったのでスマホで撮影した。緑の葉っぱが真っ赤に変色しているのだ。雑草だが何という植物だろうか。






 

金曜日, 8月 11, 2017

大阪ベイエリア



大阪ベイエリアと言われるところには、ユニバーサルスタジオはじめ様々な施設が存在するが今まであまり興味がなかった。南港の咲州エリアの海の時空間や野鳥園などへは行ったことはあるが、北港の夢洲や舞洲へは行ったことがなかった。
 
当店は今日から夏季休暇に入った。今朝は10時前になって南港方面に向けて車を進めた。特に目的先は決めてなかったのだが、トレードセンタービル付近から夢咲トンネルを通って夢洲にわたった。
 
ここで数分間車を止めてスナップ撮影。夢洲はほとんどが空き地のようだった。大阪府は万博誘致などを計画しているようだがはたしてどうなるのだろうか。次は夢舞大橋を渡って舞洲エリアに入る。このエリアにはベースボールスタジオなどもあって開発が進んでいるようだった。
 
  此花大橋を越えたらUSJはすぐそこだ。此花区へは春日出に得意先があった折に何度か訪れたことがある。40年も前の話だ。梅香あたりから国道43号線を走り、正午ごろに帰着した。

木曜日, 8月 10, 2017

風雲急を告げる北朝鮮


北朝鮮は8月中旬までに『火星12号』4発を日本上空を通過してグァム沖30~40キロの海域に着弾するとの方針を明らかにした。
 
トランプ大統領は北朝鮮がこれ以上米国を威嚇して何かをやれば、世界が今まで見たこともないようなことが北朝鮮で起きるだろうと述べて、軍事攻撃による報復を強く示唆した。
 
一方で「北朝鮮との交渉は常に考慮する」とも述べて、外交解決の道は開かれているとの認識は示しつつも、対話での解決は残念ながら高くないだろうと指摘した上で、中国の圧力強化への期待も表明した。
 
いずれにしても、北朝鮮の出方次第でどのようなことが起こるかわからない。日本としても対策を考えておく必要があるだろう。小野寺防衛大臣は記者団に対して、北朝鮮有事の時に抑止力の重要な役目を持っているのがグァムのアンダーセン空軍基地だ。今は特にコメントすることはないと述べた

火曜日, 8月 08, 2017

韓国の自動車業界


韓国自動車界最大手の現代(ヒュンダイ)自動車は中国市場での販売が6割減で、4~6月期の最終利益も半減して壊滅状態とのことだ。傘下の起亜自動車も同様だ。両社にとって最大の得意先である中国市場での不振が直撃した形だ。
 
北朝鮮が2度にわたる大陸間弾道ミサイル(ICBM)の発射の後、韓国がTHAADの追加配備を決めたことについて、中国側は駐中国大使を呼んで抗議するなどしており、中国の報復処置によるためのようだ。
 
中国の自動車メーカーも品質や安全性が向上し、競争力をつけてきていることも韓国車低迷の背景にもあるとして、デザインや機能などの差別化も必要だとの提言を受けている。
 
韓国経済は、自動車産業だけでなくすべての業界が低迷しており立ち直りはひじ用に困難だろうと言われている。

月曜日, 8月 07, 2017

骨代謝のサイクル


人間の骨は全部で206本あると聞いたことがある。骨の中では、毎日古い骨から新しい骨へと生まれ変わっている。血液や皮膚と同じように新陳代謝が行われているのだ。
 
骨代謝は骨芽細胞によって新しい骨が作られ、破骨細胞によって骨が壊されていくサイクルでより良い状態をキープしようとしているのだ。
 
一つの骨が全く新しい骨に代わるのには3~4ヵ月かかり、およそ3年で全身の骨は全く新しいものに入れ替わるそうだ。
 
  骨の成長が終わるのは女性で15~16年、男性で約18年かかるといわれている。青年期中期(12~15歳)頃が最も急激に成長を遂げる段階とのことだ。以後は代謝を繰り返すだけなので骨は大事にしなければならない。